アトリエ日記 | 模型店クアトロポルテのミリタリーモデラー河岸由郎の制作ブログ。

*

1/48 零式艦上戦闘機52型丙 制作記 第3回

   

引き続きハセガワ1/48スケール零戦52型丙の製作です。
前回までに胴体、主翼の製作と進みましたので、
今回は胴体と主翼を合わせるために、
コックピットやその他のパーツを片付けて、
風防のマスキング、塗装まで終わらせようとおもいます。

まずは忘れてしまう前に加工しておきたい照準器。
このままだと少しメリハリがないので、
矢印の箇所を切り飛ばして別パーツ化します。
52H01265

 

実際にはもっと複雑なつき方をしている反射ガラス板とフィルター板ですが、
この大きさだと再現が難しいので雰囲気重視で再現していきます。
52H01266

 

反射ガラスとフィルターは包装等に使われているプラを使い、
フィルター部分をクリアーブラウンで塗装。
予備照準はファインモールド社のエッチングを使って長さを調整して取り付けました。
52H01267

 

続いてコックピットも完成させなければ、
本体と合わせることができないのでこのまま進めましょう。
側壁に計器類を追加して床面と背面の加工と塗装を済ませていきます。

下の写真は気になったコックピット背面の一部です。
キット付属の通常の防壁版を使いますが、
無い物も付属されていますので選択には注意が必要ですね。
座席の昇降用滑車部位をインセクトピンを差し込んで
別パーツ化してそれっぽくしてみました。
5201248

 

途中の写真を撮り忘れてしまっていますが、
塗装後に座席のクッションとシートベルト、
他の全てのパーツを取り付けました。

その後、胴体にコックピットを組み込んで主翼と組み合わせて合いを見ます。
見たところ隙間は許容範囲内ですが、
主翼の中心に向かって胴体側が翼側より丸みが無く沈んだように段差が見えますので、
パテを使って段差がなだらかに成るように合わせていきます。
5201272

 

まだ少し凹みや段差があるので修正。
52H01273

あと、風防のマスキング、塗装を終わらして今回の作業はここで終了です。

 - 零式艦上戦闘機52型 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

520000
1/48 零式艦上戦闘機52型丙 制作記 第1回

久しぶりのブログ再開です。 クアトロポルテさんの移転に伴い私のアトリエも引っ越し …

5201243
1/48 零式艦上戦闘機52型丙 制作記 第2回

本日もハセガワ1/48スケール零戦52型丙の製作の続きです。 前回、胴体部分が一 …

52h1308
1/48 零式艦上戦闘機52型丙 制作記 最終回

すこし忙しかったので更新が滞ってしまいましたが、 これまで続けてきた「ハセガワ …